追い出し部屋とは

追い出し部屋とは、従業員を退職へと追い込むために企業に使われる部署のことを言います。

追い出し部屋に配属された従業員は、それまで行っていた業務とは全く違った業務を行わなければならなかったり、無意味な業務に従事させられたり、仕事を与えられなかったりといった嫌がらせを受けます。徐々に精神的に追い詰められた人は「自己都合退職」に追い込まれるという仕掛けです。

従業員を解雇するには社会的に合理的な理由が必要とされており、企業にとってこの理由を満たすことは容易ではありません。また、解雇はトラブルに発展するリスクがあります。

そこで企業は、従業員が「自己都合でやめる」ように仕向けるために、追い出し部屋のような手法をとります。

当然ですが、従業員を精神的に追い詰めるための配置転換は人事権の濫用と言えますし、追い出し部屋における業務指示はパワハラに当たると言えるでしょう。しかし、業務命令である以上は従わなくてはならない場合も多いです。

対処する上で一番大切なことは、どのようなことがあったのか、詳細な記録を取り続けることです。

そのうえでできるだけ早く、私たちにご連絡ください。具体的事情をお聞きして適切なアドバイスを差し上げます。

相談受付はこちらをご覧ください。

TOP