TOP > 相談受付 > 非正規雇用の方の住居に関する相談

非正規雇用の方の住居に関する相談窓口

「非正規の5年ルールを前に雇止めされた。家賃滞納で大家から「出て行け」と言われている」
「派遣で雇止めされた。会社寮から退去を命じられている」

非正規で働く方で、無期転換が可能になる「5年ルール」や、雇用安定措置が派遣会社に義務付けられる「3年ルール」を前にして不当に雇い止めされてしまうケースは少なくありません。雇用を失って収入が断たれてしまうと、会社寮を追い出されたり、家賃が支払えなくなり住居からの退去リスクが高まります。

このような、非正規で住居の問題を抱える方からの相談を受け付けています。上記のようなケースで必ずしもすぐに住居から退去する必要はありません。法制度を活用して交渉することで解決が可能です。
※正社員や委託契約などの場合にも対応します。

その他、以下のような相談にも対応いたします。お気軽にご相談ください。

・社宅に住みながら働いていたが、長時間労働やパワハラで体調を崩してしまい退職することになった。社宅からも出ていかなければいけない。
・住み込みの仕事をしていたが、退職することになって家を失ってしまう。
・レオパレスのアパートに住んでいたが、建築基準法違反の住宅で改修工事をすることになった。そのために自分も退去を求められているが、どうしたらよいか?
・公営住宅に住んでいるが、家賃滞納で督促状が来ている。それでも、お金がないのでやはり家賃を払えない。

※相談は無料です。
※ご相談いただいた方の個人情報は、厳守いたします。
※ご相談内容は、個人が特定されない形で調査等に利用する場合がございますので、ご了承ください。

メール相談(24時間受付)
【東京】
soudan@npoposse.jp
【仙台】
sendai@npoposse.jp

※勤務先のPCからのご連絡はお控えください。相談員からの返信や通信履歴等から、労働相談をしたことや相談内容が勤務先へ漏れる可能性があります。

電話相談
TEL:03−6699−1890

※勤務先の固定電話、業務用の携帯電話からのご連絡はお控えください。相談員からの折り返しの電話連絡や通信履歴等から、労働相談をしたことが勤務先へ漏れる可能性があります。


来所相談
来所相談をご希望の方は、相談スタッフが事務所に不在にしている場合がありますので、必ず事前にメールまたは電話にてご連絡をお願いいたします。